当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
pagetop
南九州マツダについて 南九州マツダについて

南九州マツダについて

熊本県 ・ 宮崎県 ・ 鹿児島県

3県下の広域ネットワークで、

あなたの安心・快適なカーライフをサポート。

会社情報

会社情報

 

企業名

株式会社南九州マツダ

本社
所在地

〒890-0072
鹿児島市新栄町4番4号(新栄店2F)MAP
TEL 099-255-3331 
FAX 099-255-2333

設立

1946年3月 旧宮崎マツダ販売株式会社

2001年9月 マツダアンフィニ鹿児島と合併

2002年1月 マツダアンフィニ熊本と合併

2006年12月 薩摩マツダを営業譲受

2007年12月 熊本マツダの3店舗を営業譲受

代表者

松浦 実

事業内容

・新車販売(乗用車・商用車)

・中古車販売

・板金塗装

・自動車整備及び部品・用品の販売

・損害保険代理業務

資本金

1億8300万円

従業員数

479名

熊本県下 8店舗

宮崎県下 8店鋪

鹿児島県下 8店舗

熊本・鹿児島に板金塗装工場を配置

店舗

詳細はこちら

事業部

詳細はこちら

・熊本事業部

〒861-4106
熊本市南区南高江1丁目13番8号(南高江店2F)MAP

TEL 096-357-8116

FAX 096-357-6071

・宮崎事業部

〒880-0212
宮崎市佐土原町下那珂7510番1MAP

TEL 0985-30-5670

FAX 0985-30-5672

・鹿児島事業部

〒890-0072
鹿児島市新栄町4番4号(新栄店2F)MAP

TEL 099-255-1167

FAX 099-255-1160

決算情報

貸借対照表

企業理念・方針

企業理念・方針


企業理念

私たち一人ひとりは、
お客様カーライフパートナーとして
自覚と誇りを持ち続けます。
そして全てのステークホルダーに信頼され、
貢献できるBIAカンパニーを目指します。


ありたい姿

社員が活き活きと働くことで、
南九州マツダファンが増え、
安定した経営構造になり、利益を社会に還元出来ている


SDGsへの取組み

SDGsへの取組み


「環境経営」を通して環境を重視した企業活動により、
より良い豊かで安心できる社会づくりに貢献いたします。

私たち南九州マツダは、国連において採択されたSDGs
(持続可能な開発目標、Sustainable Development Goals)の
達成に貢献できるよう様々な取り組みを進めています。
その取り組みの一つであるエコアクション21による「環境経営」が、
日本SDGs協会より SDGs事業認定を頂きました。
今後も南九州マツダは、環境・経済・人権など社会課題の解決に向け、
出来ることから 少しずつ継続的に取り組んで参ります。

当社のエコアクション21(環境活動レポート)はこちら

「かごしまSDGs推進パートナー」HPはこちら

「熊本県SDGs登録事業者」熊本県HPはこちら

当社のSDGsを踏まえた取り組み推進はこちら


SDGs
(Sustainable Development Goals)

2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」で全会一致で採択された
2030年までの新たな「持続可能な開発目標」で、
17の目標と169のターゲットから構成されています。


健康宣言

健康宣言


南九州マツダ健康宣言

当社の企業理念に沿い、お客様の豊かなカーライフを実現するためには、
社員一人ひとりが健康で活き活きと働くことが不可欠です。
当社は、会社の成長を支える社員と家族の心身の健康を最重要財産と捉え、
健康保持・増進活動に対する積極的な支援と
組織的な健康づくりの推進によって社員が活き活きと働くことで、
豊かで快適・健康な社会生活と経済の発展に貢献する会社を目指します。

株式会社南九州マツダ
代表取締役 松浦 実

具体的な取り組みはこちら


当社は昨年に引き続き、2021年3月4日、
「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。
今後も健康経営優良法人として、
さらなる健康経営に取り組んでまいります。


エコへの取組み

エコへの取組み


基本理念

当社は、自動車販売・整備等全ての事業活動において、
地球環境との共生が人類共通の最高課題の一つである事を認識し、
環境を重視した企業活動により
よい豊かで安心できる社会作りに貢献します。

エコアクション21(認証番号0004772)
「環境経営レポート」